2020.03.05

【坪生教室】何の話?

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト坪生教室』です。

コロナウイルスの影響で入試がどうなるかなと少しばかり不安はありましたが、当初の日程で実施されるとのことです。
受験生たちも難しい状況の中で自身の進路実現に向けて、最後の追い込みをしています。
そして、受験前最後となるグランアシストの「直前特訓」での1コマをご紹介します。

年が明けてからは毎週土曜日に、公立高校入試を想定した問題に挑戦してきました。
毎年、受験直前の土曜日と日曜日を使って本番と同じ時間・科目で対策を行います。
その後、休憩をはさみ解説授業でやり直しを行います。
塾で過ごす時間も長いので、昼食や小腹がすいたときの軽食は許可しています。
その中でも、ある生徒が同じ飲み物を3本買ってきていました。見てみると思わず和んでしまいました。
(いちごラテが3本。ちなみに男子生徒でイメージと少し違ったので…)

何の話かと思うかもしれませんが、改めて大切だと認識するきっかけとなりました。
それは「心のゆとり」です。
試験前になると、どうしても自信が持てなかったり、出来ていないところばかりに目が向いてしまう人も多いと思います。
受験生本人だけでなく、保護者の方々も当然不安が増してピリピリしてしまうこともあると思います。
ただ、この時期になると入試に向けて気持ちを整理するということが非常に大切です。
焦りはミスにつながりやすいです。

勉強で追い込みたい気持ちもあると思うので「メリハリ」をつけてリフレッシュしながら戦い抜きましょう!

私自身、写真のような風景を見て、和んだというのは裏を返すと「心のゆとり」が少し小さくなっていたのかなとちょっぴり反省したのは秘密で…。