2020.06.17

【坪生教室】読解力って…

福山市 個別指導塾 坪生教室

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト坪生教室』です。

坪生教室では、小学校3年生から高校3年生の生徒が在籍しています。
そのなかでも、小学生にスポットをあててみました。
すると、とても面白い数字があることに気付きました。
なんと、小学生の8割以上の生徒が国語を受講していました!
以前は「英語が心配」という声が多かったですが、最近では
「文章題が苦手」「読解力が不安」という声をたくさん耳にします。
たしかに、大学入試や高校入試、さらには中学校の定期テストでさえ「読解力」がすべての教科で必要とされているのは事実です。

そもそも「読解力」とは「文章を読んでその内容を理解する力」のことです。
「読解力」を高めるために、どうしていけばいいのでしょうか。
「たくさん本を読む」「問題をたくさん解く」「語彙力を身につける」など、様々なことが思い浮かぶと思います。
すべて正解ですが、一つのことをすれば身につくわけではないと考えます。
すぐに身につく力ではないので、根気強く取り組む必要があります。
読解力を磨きたいという人は、まず3つのことに挑戦してみてください。

・語彙を増やすために、意味が分からない言葉は調べる
・音読(線引き読書)で飛ばし読みを直す
・内容を要約する練習をする(苦手な人は短い文章や段落ごとに要約するところから始めてみてもいいです。)

大人でも読解力が身につく方法だと思いますので、是非ご家族で一緒に取り組んでみてください!
これからの勉強や入試では「読解力」だけでなく「表現力」なども必要とされてきますが、そのお話はいずれブログで書こうと思います。