2020.07.15

【坪生教室】『自分を知る』

福山市 個別指導塾 坪生教室 セミの抜け殻

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト坪生教室』です。
東朋中学校、神辺東中学校、鳳中学校、坪生小学校、竹尋小学校、大門高校、神辺旭高校、その他私立小中高の生徒が勉強を頑張っています!

高校生の期末テストも終わり、次は中学生の番ですね!
早い学校では、すでに試験が終わっていますが、神辺東中学校・東朋中学校では来週から再来週で試験が行われます。
試験範囲をもとに目標点数に向かって頑張っていきましょう!
※写真は教室の前に「セミの抜け殻」があったので思わず撮ってしまいました。夏が近づいていますね!

さて、ブログですが、今回から2回に分けて『自分を知ること』をテーマに書きます。
勉強に関係ないと思われるかもしれませんが、大切なことです。
・仕事や対人関係において自分に合ったポジションが見つかる。
・自分の価値や魅力を知ることで自己肯定感が上がり、自分に正直に生きていこうと思えるようになる。
など、『自分を知ること』には様々なメリットがあります。
学生生活や社会に出てからの私自身を振り返って感じたことを簡単に紹介しようと思います。
私自身、もともと負けず嫌いな性格でした。そのためプライドも高く、自己肯定感も高いようなタイプでした。
幼いころから勉強の習い事をしていたこともあって、中学受験では地元のトップ校に入学できました。
(勉強や受験は「させられた」という認識でしたが、今となっては親に感謝しています。)
正直、なんとなく勉強して合格してしまったことが「間違った成功体験」となってしまいます。

 

<勉強を一切しなかった中学校>

中学に入り、部活にしか取り組まない日々。
テストの点数が悪くても親に反抗してばかりで、一切勉強していませんでした。
宿題も答えを写すだけ。中高一貫なので、高校生になれることは分かっていましたし、本気になれば「自分はできる」と過信していました。

 

<勉強と友達になった高校3年間>

そんな私も高校生になって「さすがにまずい」と感じるようになります。
当然、周りでは難関大学への進学を目指す人ばかり…。なかでも、英語なんて全くできないと焦っていました。
英語だけは「塾に行かせてくれ」と親に頼み、英語は塾で勉強し、それ以外は一人で勉強しました。
勉強していくうちに「分かる」という実感があり、苦手だった英語が圧倒的得意科目に変わります。
また、英語・数学・世界史は得意だったので学校の中でも成績上位の生徒とも勝負できたかなと思います。
逆に嫌いな教科はほとんど手をつけず、先に述べた得意教科を伸ばしまくってカバーしようと考えていました。
センター試験では、国語に苦戦しましたが得意教科では大満足の結果でした。
そのおかげもあり、国立大学に進学することができました。
しかし、大学生になると…

今回は、ここまでにしておきます。
次回のブログでは、大学生活から今に至るまでを書いていきます。
「何の話?」と思われた方は次回のブログをお楽しみに!