2020.08.19

【坪生教室】なぜ受験するの?

坪生教室風景

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト坪生教室』です。
東朋中学校、神辺東中学校、鳳中学校、坪生小学校、竹尋小学校、大門高校、神辺旭高校、その他私立小中高の生徒が勉強を頑張っています!

お盆休みということで、教室での授業も1週間お休みをいただきました。
今週から授業を再開しています。2学期も始まるので、気持ち新たに頑張っていきましょう。
毎年、受験生に伝えている話があるので、今回のブログでは「なぜ受験するのですか?」というテーマで書こうと思います。
(ちなみに、今年は少し早いですが、写真のように入試までのカウントダウンをはじめました!)

<なぜ受験するのですか?>
毎年、受験生には上記の質問をすることがあります。
生徒からは、「高校に合格するため」「将来困らないようにするため」「なんとなく、高校は行かないとダメ」など様々な答えが出てきます。
それぞれの生徒が出す答えは、すべて正解です。間違っていません。
しかし、受験にはもっと深い意味があると考えています。

『受験=自己成長』

この一言に尽きると思います。
本音で言えば、多くの生徒が勉強したくないと思っているでしょう。(私自身も中学生の頃はそうでした…。)
しかし、そういった生徒のほとんどは高校を受験する選択をします。
受験勉強を通して、非常に多くのことを学ぶことができます。その学んだことは社会に出た際に役立つものばかりです。
以下、いくつかの例をあげます。
・どうすれば効率よく学習できるか → 仕事の生産性を高める
・試験までの限られた時間で、どのように学習するか → 仕事の優先順位をつける
・嫌いな「勉強」といかに向き合うか → 仕事上の困難を乗り越える精神力を養う
このように、受験とは単純に学力を養うだけでなく、社会に出た時に必要とされる力を養うことができます。

だからこそ、受験生には次の言葉を贈っています。
「中途半端な努力で合格するな。」
受験勉強で得たものがない状態での合格は、今後の人生においてマイナスの経験になることが多いです。
最大限の努力をしたうえで、合格をつかみ取ってほしい。そんな思いで、入試までの約半年を一緒に戦い抜いていきましょう!
中学2年生の生徒は、先輩の姿を目に焼き付けておきましょう。