2020.09.23

【新涯教室】テスト勉強の基本

福山市 個別指導塾 テスト勉強

こんにちは!福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト新涯教室』の藤井です。

9月もあっという間に下旬を迎えていますが、この時期になると毎年のように、
「今年もあと少しかぁ・・・」と考えてしまいます。
今年はコロナウィルス感染症の影響で、本当にバタバタと慌ただしく月日が過ぎたなと感じています。
もうすぐ定期テストがある学校も多いと思います。今のうちから、しっかりと準備を進めましょう。

さて、定期テストに向けた準備の話をしましたが、みなさんはどのようにテストの勉強を進めているでしょうか。
人によってそのやり方は様々ですが、やり方が定まっていないという人は、
ぜひこのやり方でやってみて欲しいという方法をご紹介します。

 

①テスト発表前は・・・

普段の学校の授業や塾での勉強で、自分がその単元の内容を理解出来ているかを意識して学習を進めましょう。
最初に授業を受けて練習問題を解いた際に、スラスラと解けたか、悩んだ末解けたか、やり方が分からないままだったかなど、
あとでやり直しが必要な部分に印をつけるなどして、ある程度分かるようにしておきましょう。
いざテスト期間になると、時間が足りないということはよくありますので、出来るだけ効率的に進めるためにも、
習ったときに自分が出来なかったところの目星を付けておくことはとても重要です。
また、勉強する教科によって、暗記が必要なのか、問題を解く練習が必要なのかも違ってきます。
なので、その教科でどんな勉強方法が必要なのかも知っておく必要があります。
また、次回のテストの目標点数を、各教科ごとに決めておきましょう。

 

②テスト発表があったら(約2週間前)

学校によっては仮発表が無く、1週間前の本発表だけのところもありますので、時間の使い方が多少変わってきますが、
テスト発表があったら、まずはテキストやワーク、授業プリントを使って、テスト範囲の復習を始めます。
提出課題などがあれば、それを優先的に利用して、効率的にやっていきましょう。
この復習では、基本的な問題だけを選んで、最初から順に解いていってください。
このときに上の①で目星を付けておいた出来なかった問題を、出来るようになるまで繰り返し練習をしていきましょう。
数学は練習をたくさんする必要がありますし、理科・社会は暗記も必要になります。

 

③基本の復習が終わったら(約1週間前)

②で基本の復習を一通り済ませたら、次は応用問題に挑戦してください。
ここで、どれだけできない問題を無くしていけるかどうかが、テストの点数アップにも大きく関わってきます。
自分の目標点数に向けて、どのレベルの問題までこなしていくかは変わってきますが、
出来る限り多くの問題を解いていってください。
ここで、一度解くことが出来た問題について、「後日もう一度解き直す」ことがとても大切です。
一度解くことが出来た問題でも、時間が経つとどうしても忘れてしまうことがよくあります。
「時間を空けた後に頭の中で再度思い出す」という作業が、
解き方を頭の中により定着させるために、とても大切になってきます。

 

目標と理解度の感覚を身に付けよう

段階的にやることを定め、一つずつこなしていくことが必要ですが、
どの教科をやるべきか、どこにどれだけの時間をかけようかなど考えることはたくさんあり、
限られた時間の中で効率的に勉強するのはなかなか難しいと思います。
早めからテスト勉強の計画と目標を立て、ただ勉強をこなすだけでなく、
自分の目標と今の理解度を意識した学習が出来るようになりましょう。

グランアシストでは、生徒さん一人ひとりの学習状況や理解度を分析し、
今一番やるべき勉強内容を考えながら、カリキュラムを作成しています。
勉強のやり方が分からないという方はもちろん、今のやり方ではどうも良くならないと心配されている方も、
ぜひ一度グランアシストまでお問い合わせください。
無料体験授業や保護者様とのご面談を通して、今やるべき課題や勉強方法をご提案させていただきます。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。