2020.09.25

【三吉教室】漢字の勉強

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト三吉教室』の守分です。

今日の写真は、入塾当初から漢字を書くのが苦手だと言っていた小学6年生のN君です。
グランアシストでは、小学生全員が毎回漢字のテストを行っており、その成果から以前よりも漢字が書けるようになってきました。
漢字に対しての苦手意識が減ってきたN君。「漢字検定受けてみる!」と前向きな発言をしてくれたので、嬉しく思いました^^

何度書いても、なかなか覚えることができない漢字に悩む生徒さんもいます。
そんな生徒さんには、まずは声に出して漢字の読み方を覚える事が大切だと伝えています。
読むことができない漢字は書くことができません。
まずは声に出して読んでみましょう。
その後、『へん』や『つくり』など漢字の書き方を覚えていきます。
この練習をくり返し行うことで、だんだんと漢字が書けるようになっていきます。

漢字は、受験や将来にも必要になってきます。
今のうちからしっかりと練習を重ね、たくさんの漢字を読み書きできるように頑張っていきましょう!