2020.12.04

【木之庄教室】受験が迫ってきました!

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト木之庄教室』です。

早いもので今年も残り1か月を切りました。
期末試験も終わり、中3年生はいよいよ受験が目前に迫ってきましたね!

そのような時期にコロナウイルスの再流行のため学校がお休みとなり、焦っている方もいるかもしれません。
しかし、焦りは禁物です。受験本番で最大限の実力が発揮できるように、できる限りの準備をしていきましょう。
年明けに私立高校の入試を受験する方は、ぜひ過去問の演習を始めてください!
過去問を解くことで、出題の傾向と自身の弱点を把握しておきましょう。
出題の傾向と自身の弱点を知ることで、効率的に対策するを行うことができます!
弱点が分かれば、過去問の解説をよく読み、すらすらと問題を解くことができるようになるまで、繰り返し繰り返し問題を解いておきましょう。
学校の実力テストや模試の類似の問題を解くこともよいですが、あまりたくさんの問題集に手を出すことはお勧めしません。
もちろん人にはよりますが、解けない問題に出くわすことで、自信をなくしてしまうこともあります。
そのような方は、1冊を繰り返し繰り返し解いて、自分はこれだけやったから大丈夫と思うことが大事です!

弱点と言われると、解けない単元に目を向けがちです。
制限時間内に解けるかどうかということも自分の弱点になっていないか気を付けておきましょう!
定期試験や模試でも、「分かっていたのに、時間が足りなくて解けなかった~」とはよく聞く話です。
しかし、受験本番では取り返しがつきません。試験日までに時間内に解き切れるようにしておきましょう。
受験では、緊張や焦りというはつきものです。普段の演習で制限時間の5~10分早くすべての問題を解く練習をしておくといいですね!

ここまで長々と書きましたが、

・過去問演習で傾向と弱点を知る。
・繰り返しの演習。
・制限時間を常に意識する。

この三点に気を付けて、受験勉強をしていきましょう!

人生で初めての受験という方もいるかもしれません。
ただ、始めでも書きましたが、焦りは禁物です。今できることを精一杯やり、本番に備えておきましょう!!