2021.02.16

【坪生教室】バレンタインデー

バレンタインデー

こんにちは!
福山市の個別指導塾、『個別指導のグランアシスト坪生教室』です。
東朋中学校、神辺東中学校、鳳中学校、坪生小学校、竹尋小学校、大門高校、神辺旭高校、その他私立小中高の生徒が勉強を頑張っています!

2月14日は「バレンタインデー」でしたね!心のどこかでそわそわしていた人も多いのではないでしょうか。
教室では、先生たちからのメッセージを添えてチョコを渡しました!
さすがに手作りとはいきませんでしたが、喜ぶ姿が見られて嬉しく思います。
(写真は、女性の先生からチョコを受け取る中学生の様子です。恥ずかしそうでしたが笑顔で受け取ってくれました!)

そもそも「バレンタインデーにチョコを渡す」のは日本といくつかの国独特の文化です。
お菓子会社の戦略が世間に根差したというのは、知っている人も多いでしょう。
一般的にチョコやクッキーをイメージすると思いますが、実は贈るお菓子に意味があることをご存知ですが?
例えば「マカロン、カップケーキ=あなたは特別な存在」「クッキー=あなたはお友達です」という意味があるそうです。
反対に「グミ=嫌い」「マシュマロ=早く忘れたい、やんわりお断りする」ということも意味するみたいです。

渡す人も、もらう人も「お菓子に込められたメッセージ」を汲み取る楽しさがありますね!
先生たちに渡してくれる生徒もおり、一生懸命作ってる姿を想像しながらおいしくいただきました!